2017年02月22日

研修を終えて

 厳しい寒さの中にも、眩しい陽光が春の到来を感じさせてくれるようになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 さて、さくらんぼ主催のヘルパー研修が2月16日45名の参加の下、無事終了しました。
 天野妙先生による統合失調症と気分障害(うつ病、双極性障害)の詳細な解説と状況に応じた対応の仕方の講義は、目に見えない病気と障害のある利用者理解を深めてくれました。
 久世谷真衣相談員の障害特性と生活支援の在り方の講義は、目に見えるような具体的な事例を通して関わり方を示してくれました。
 利用者体験談では、最近一人暮らしを始めた利用者とヘルパーさんが座談会をしました。利用者は、人生観が変わったこと、病気をしても後悔していないことを語ってくれました。
 今回の研修は、無料で地域のヘルパーさん方を対象として実施しましたが、今後は訪問看護の皆さん等、精神障害のある方の支援に携わる方々にも幅広く参加を呼びかけたいと考えています。


研修の光景です

IMG_0770.jpg
posted by ホームヘルプステーション さくらんぼ at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

平成28年度精神障害者介護のヘルパー研修を開催します

 皆さん今日は。厳しい寒さも乗り越えつつありますが、いかがお過ごしでしょうか?
さて、さくらんぼは、来る2月16日(木)13時〜からヘルパー研修を開催いたします。
今年度も、地域のヘルパーさんに精神障害のある方々の病気の理解と障害の特性への対応の仕方、そしてヘルパー利用者のお話を予定しています。
 病気や障害はお一人お一人異なりますので、利用者にきちんと向き合い理解していかないといけませんが、研修では基本的なことを学んでいただき、利用者理解の礎にしていただけたらと思います。
講師は 五条山病院 天野先生、生活支援センターふらっと 久世谷相談員、さくらんぼ利用者とヘルパーの皆さんです。
今回は、受講料を無料にて提供いたしますので、皆様お気軽にご参加ください。
posted by ホームヘルプステーション さくらんぼ at 11:26| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

気持ちが改まった出来事

 暑さが続き、今年も年の瀬を迎えることなど忘れていましたが、街の音色がX'masに変わり否応なしに一年が過ぎていくのだと感じる今日この頃です。
さて、三田優子先生をお招きしての28年度ヘルパー全体会議では、『介護記録』についての大きな収穫がありました。時間ぎりぎりまでの支援で記録ができない或いは、利用者の前では書き辛いといった空気が蔓延していましたが、先生から、介護記録をオープンにして、関係つくりに生かすことを学び霧が晴れたような心持になりました。
 さくらんぼでは今年サービス提供地域の担当替えを行いました。体調を崩されている利用者については慎重に進めたので、ようやく9月中に完了の運びとなりました。
進める中で、利用者から聴き取ったことを支援関係者の皆様にお伝えしたいと思います。
ある利用者からヘルパーの掃除の仕方についての訴えがあり、折角掃除を頼んだのに・・、綺麗になれば嬉しいのに・・、自分の家でするように作業してくれたらいいのに・・、愛情を込めてしてくれたらいいのに・
・・」と。
さらに続けられました。「”障害者やからこれでいい”と思われているようで情けない。しんどかった頃は思っていても口に出せなかった。回復したので伝えることができる」と。
こんなはずではなかったというのが率直なところですが、常に相手の状況、立場に思いを馳せながら関わっていれば、このような悲しい思いをさせなくて済んだのにと、気が引き締まる思いがしました。
posted by ホームヘルプステーション さくらんぼ at 13:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする